行政
福島市
案件No:024
福島県企画調整部地域振興課
福島県の補助制度PRチラシをデザインしてみませんか!
リモート可
メッセージ

福島県では、首都圏等でのテレワーク経験者の地方移住に対する関心の高まりを受け、この機を逃さず本県への移住を促進するため、テレワークやサテライトオフィスに関連する補助制度を創設します。
当該補助制度を首都圏等のテレワーク経験者等に効果的に発信するためのチラシのデザイン作成をお願いいたします。

募集要項
案件No 024
募集人数 1人
求めるスキル デザイン経験のある方
事業課題と期待すること 【事業課題・期待すること】
今般のコロナ禍において、テレワークを導入する企業が急速に増加し、首都圏等でのテレワーク経験者の地方移住への関心が高まるなど、テレワークの活用により現在の仕事を続けたまま地方へ移住することへの機運が高まっています。
このため、県ではこの機を逃さず地方でのテレワークを検討している県外在住者等を本県への移住につなげるため、以下2つの補助制度を創設します。

①ふくしま「テレワーク×くらし」体験支援補助金
県外在住者等が本県において、コワーキングスペースや実家等でテレワークでの生活を体験する際の費用(交通費、宿泊費、施設利用料等)の一部を補助するもの。
②サテライトオフィス開設支援補助金
県外企業が県内にサテライトオフィスを設置する際の費用(改修費、設備費)の一部を補助するもの。

ついては、今後募集予定の上記2つの補助金を首都圏のテレワーク経験者等に効果的にPRできるようなチラシの作成をお願いいたします。

【業務内容】
・県が今後募集予定の『ふくしま「テレワーク×くらし」体験支援補助金』及び『サテライトオフィス開設支援補助金』のチラシ作成。
 ※上記2つの補助金紹介を併せて1枚のチラシを作成していただく想定です。
・チラシには、事業内容、補助対象者、補助対象経費、補助率等を記載してください。
・首都圏のテレワーク経験者等に刺さるデザインとすること。
・なお、チラシの印刷は県が別予算で対応します。
・チラシの作成に当たり、県とのオンライン会議を1回、校正1回を想定しています。
・チラシのデザインの納品日は9月16日を想定しています。
・チラシデザインは2案提出していただきます。
・作成したデザインの著作権は福島県に帰属するものとします。
募集条件 ・リモートワークの設備があること(オンライン会議を実施します)。
・募集期限:令和2年9月3日(木)まで
・必要書類:ポートフォリオ(書式は指定なし)
 自治体の催事や事業PRを請け負った際の成果物(該当者のみ)
最寄駅 JR東北本線(福島駅)
副業スタイル リモートワーク
イメージする年齢 -
報酬 5万円