案件No:309
広告デザイン
官公庁・公社・団体
福島市
福島県 保健福祉部 地域医療課
HPVワクチン普及啓発のための動画作成をしていただける方を募集します!
リモート可
マッチング達成
8名 エントリー中
メッセージ

福島県保健福祉部地域医療課では、医療提供体制の整備・充実、医師招へい・支援などの業務を行っております。その中でHPVワクチン普及啓発のための動画作成を募集します。

募集要項
案件No 309
募集人数 1名
求めるスキル 映像制作、映像ディレクター・プランナーなど
事業課題と期待すること 【事業課題】
ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスで、子宮頸がん等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。
HPV感染症を防ぐワクチンは、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に、平成25年4月から定期接種が行われていますが、ワクチン接種後の全身の痛みなどの副反応の訴えが全国で相次いだことから、同年6月から、個別に予診票を送るなどの積極的接種勧奨が差し控えられていました。
その後、ワクチンの有効性や安全性に関する評価や、接種後に生じた症状への対応などの議論が継続して行われ、令和3年11月の専門家会議において、HPVワクチンの安全性に特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。
このことを踏まえ、令和4年度から積極的勧奨が再開されたことから、ワクチン接種の有効性や安全性などの正しい理解と予防接種の促進を図るため、対象者やその保護者等へのわかりやすい情報発信をするための動画作成が出来る方を必要としています。

【期待すること】
下記の内容で動画作成を依頼いたします。
・表現方法:アニメーション →【動画イメージはこちらです】
・撮影の有無:撮影なし
・長さ・尺:1分~2分程度
・音声:ナレーション有り
・素材提供:発注者からの提供無し(受注者が用意)
・内容・構成(案):
子宮頸がんはどんな病気? → 予防方法は? → ワクチン接種のメリットとリスク → 予防接種スケジュール → 平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性の方へ → 子宮頸がん検診の受診呼びかけ → 相談窓口の案内
・画面縦横比: 16:9
・解像度:1920 x 1080 ピクセル以上
・データ形式:MPEG4等
・納期:令和5年3月上旬
・掲載媒体:YouTubeやTikTok、県(市町村)HPに掲載を想定
・成果品の著作権等のライセンスは福島県に属することとさせていただきます。
・参考資料:
【詳細版】厚生省リーフレット
【2(1)厚労省リーフレット(キャッチアップ接種)】
【2(2)厚労省リーフレット(概要版)】

募集条件 ・映像制作、アニメーション制作経験のある方 
・提出書類:エントリーシート及びポートフォリオ(過去の制作物など、実績がわかるもの)
最寄駅 JR東北新幹線/東北本線(福島駅)
副業スタイル オンラインによるMTG後、デザインデータを成果物として納品
イメージする年齢 年齢不問・能力重視
報酬・委託料 100,000円